本好きの夢の空間「図書館部屋」実現計画!

本好きな方なら、本棚に囲まれた「読書」のための部屋、憧れますよね。私も本が好きで、昔から買い集めた本は、段ボールにして30箱以上。引っ越し業者の方に「お一人暮らしですよね…?」とびっくりされたほど。そんな私が、引っ越しを機に思い切って自宅の一部屋を図書館仕様にしてみました。それまで収納しきれず積み上げることが多かった本も壁一面に並べることができ、選ぶのも取り出すのもずっと楽になりました。アパートで壁に釘を打てなくても、本棚をはめ込めば壁一面を本棚にした部屋作りも夢じゃありません。

今回、本棚は自作しました。初めは購入を考えましたが、壁一面に天井までびっしり本を並べたいのに、市販の本棚は高さや幅が合うものがありませんでした。そして何より棚一つ一つが高価です。そのため、「これは作るしかない!」と一念発起。文庫と単行本、ワイド版…と持っている本の大きさに合わせて棚の高さを計算し、素人ながら設計図らしきものを引き、ホームセンターでSPF材を買い込んで1か月近くかけて本棚を作りました。棚が天井まで届くようにし、倒れないよう耐震対策もなんとかそれなりです。やはり積み上げられるより、壁の本棚にずらっと本が並んでいる様子は見ているだけで楽しくなります。

さらに、本の保管には日光が大敵です。そのため、図書館部屋にはUVカット率が高いレースカーテンと遮光カーテンを設置しました。室内にはカーペットやクッションを置き、座っても寝っ転がっても本を読めるような部屋づくりをしています。休日にゆっくり部屋で好きな本を読み貸すのは至福の時…。ぜひ、みなさんも自分だけの空間で読書を楽しんでください。