新しい本に出合いたいなら…「ビブリオバトル」参戦はいかが?

本が好きな方なら、「好きな本、面白い本は人にすすめたい」「自分がまだ知らない本に出合いたい」という思いを持っている方も多いはず。その二つの思いを同時に満たしたいなら、「ビブリオバトル」参戦がおすすめです。

ビブリオバトルは、小学生のお子さんから大人まで、幅広い世代ができる本の紹介コミュニケーションゲームです。ルールも簡単で、3人以上の複数人から気軽にできます。まず、参加者それぞれが、自分が面白いと思った一冊を持参します。

そして一人ずつ順番に5分間、本の魅力を紹介します。それぞれの発表のあとには3分間のディスカッションタイムを取り、参加者全員で発表の感想を言い合ったり、発表者に質問をしたりします。参加者全員の発表が終わったら、どの本が一番読みたくなったかを投票します。一番多くの本を集めた本がそのバトル回の「チャンプ本」に決定します。

このバトルの面白いところは、紹介される本の魅力について、読み手から生の声を聞けることです。それまで知らなった分野も、人から紹介されると新しく興味が持てるかもしれません。自分の読書観への良い刺激になります。さらに、自分の思いや考えを順序だてて説明しようとすることで、論理的思考や表現力を磨くこともできます。

本の世界を楽しむ方法の一つとして、本好きな方はぜひこのビブリオバトルに参加してみてはいかがでしょうか?本好き同士で集まって開いてもいいですし、定期的に開催している図書館や、イベントとして不定期に開催している書店もあります。まずは参加せずにバトル観戦に行ってみるのもおすすめです。新しい本の世界の扉が開けるかもしれません。