大切な本を良い状態で保管する効果的な方法について

大切に呼んでいる本は出来るだけ長く綺麗な状態で保管したいです。長く保管していた本を久しぶりに開いて読むと本が日焼けして変色していたり色褪せてしまっている場合があります。

また、湿気がある場所で保管していると本自体にカビが生えている事もあります。さらに埃が被って汚れているなど保管方法に気をつけておかないと劣化が進んでいってしまいます。大切な本をいつまでも綺麗な状態に保管するためにまずは、湿気に気を付けておく必要があります。

本は紙の束のため湿気を吸いやすいです。湿気を吸ってしまうと紙が変形してしまったりカビが生えてしまう恐れがあります。そのため湿気が多く結露しやすい場所を避けて本を保管する必要があります。部屋の室温は20度前後で湿度も50パーセントを維持出来るような部屋で保管出来ると最も良いです。

しかし、一般の家庭の部屋では温度も湿度も維持する事はなかなか難しいです。そのため本棚へ本を収納する際に乾燥剤を近くに一緒に置いておく事で湿気を抑えられます。さらに部屋の空気を毎日入れ替えて湿気を部屋の中に溜めないようにする事も効果的です。

除湿機などを部屋の中に設置しておくのも効果があります。湿気に対しては上記の対策を取る事がある程度防ぐ事が出来ます。日焼けに関しては、直射日光が当たる部屋での保管を避ける必要があります。

カーテンなど直射日光を遮る事が出来る部屋などで保管をしておくと良いです。以上、本を長く良好に保管するためには湿気と直射日光に気を付けると良いです。